Feeds:
Posts
Comments

Posts Tagged ‘放射線’

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

My footage from Correction of History: Forum on Radioprotection May 12 – 13 Geneva by independent WHO.org

Communication by : Alexei Nesterenko (Belarus) Director BELRAD care of children affected by ionizing radiation, coauthor of Chernobyl Consequences
of the Catastrophe for People and the Environment published by the New York Academy of Sciences: http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf

Title: Implementation of radioprotection for populations at local level. Radioecological atlas: Human beings and radiation.

MORE CHILDERN RADIATION MAPS: https://tekknorg.wordpress.com/2012/04/14/children-radiation-maps-2/

With more than 20 years experience, we can sum up what we have learnt about protecting local populations from radiation: children living in highly contaminated areas, who are eating food that is
highly contaminated by radionuclides, need constant radioprotection. The work that has been done by the Belrad Institute in the Narovlya district of the Gomel region, provides a good example of this.
The children received 45 cycles of radioprotection treatment consisting of 45 pectin cures and 810 WBC measurements (Whole Body Count measured with a radiospectrometer before and after the intake of pectin preparation).

BELRAD Whole Body Counter (Children and Cesium 137) summary: http://life-upgrade.com/DATA/paper2%20V.Nesterenko.ppt PowerPoint File

After each measurement, staff from the Belrad Institute for Radiation Safety held meetings with parents and teachers to examine the results. The use of milk separators which are able to reduce radioactivity in milk 68 fold.

The WBC measurements of children in those families demonstrated that levels of accumulation were decreased 3 to 4 fold.

Practical education is necessary in order to develop cooking skills and radiological knowledge.

The children should be sent for recuperation in uncontaminated regions as often as twice a year, and the entire programme of radiological protection should be made available to them.

The large scope of the work required the collation and evaluation of all the data received, which was then combined to produce a document called “A Radioecological Atlas: Man and Radiation”.

Later on the atlas was extended to include the results of measurements taken between 2008 and 2011. On the basis of these measurements, it was possible to create maps of Cs137 radionuclide contamination of children in fifteen districts: https://tekknorg.wordpress.com/2012/04/14/children-radiation-maps-2/

The projects “ATLAS2” and “Prompt Radiological Assistance for the Children of the Chernobyl Zone of Belarus” were a logical continuation of the original ATLAS project. The purpose was to update the Radioecological
atlas with the new data, and provide comprehensive and prompt assistance in those settlements where an adverse radiological situation was discovered in the course of radiation monitoring. It should also be mentioned that the ATLAS was subsequently extended by including the data received as a result of activities carried out as part of other projects and work carried out by the BELRAD Institute. Today the ATLAS presents a systematic analysis of the results of more than 300, 000 measurements.
We are well aware that our work is just a small part of what needs to be done, and that positive results can only be achieved by using a whole series of protective measures. These include: monitoring of radiation in the environment, food, and population; medical examinations; administrative measures; rehabilitation of contaminated areas; the application of modern methods in agriculture and forestry; education; the use of radioprotectors (adsorbants) for the quick elimination of radionuclides from the bodies of people, dairy and beef cattle and so on.

Cesium 137, food, children,,apple pectin: http://radionucleide.free.fr/Stresseurs/smw-Galina_Bandazhevskaya.pdf

Cesium 137 and Children: https://tekknorg.wordpress.com/2012/05/13/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-cesium-137-and-children-may-12th-2012/

Communication by: Vladimir Babenko (Belarus), Deputy Director BELRAD (author of a manual on radioprotection)

In the last few years we have often heard the opinion that the interest in Chernobyl is diminishing. In 2011 this interest like the interest in the problems of nuclear energy increased unusually. To my mind there are several reasons for this. Twenty five years after the Chernobyl accident, the accident at the Fukushima nuclear power plant in Japan and rethinking about the problems of nuclear energy. Now it is time to solve the problem of the future prospects of nuclear power plants.

Twenty five years is a period allowing the following conclusions: what have we learned during this time, what moral have people drawn from the Chernobyl accident? To my mind the first conclusion is disappointing. The Chernobyl accident demonstrated nothing to mankind. Chernobyl and Fukushima – the same problems, the same mistakes. Once it seemed that the main reason for such difficult consequences was the political regime existing in the USSR. Japan: another political regime, another natural environment, another culture and traditions. But the mistakes are the same. The main mistake is an attempt to hide the information about the real scale of the radiation accident, to minimize its consequences and to distort the real state of things.

After the accident at the Fukushima power plant it was clear that the population of Japan had not enough knowledge about radiation, no documents, no instructions regulating people’s behavior in case of a radiation accident, no literature and reference materials that could help to clarify the situation and to take simple steps for radioprotection. That is why the Japanese show interest in the Belarusian experience in minimization of the consequences of the Chernobyl accident. From here there appeared the interest in the book “How to Protect Yourself and Your Child from Radiation” that was translated into Japanese and published in Japan.
There exist problems resulting from the Chernobyl accident in our country and they will exist in our country for a long time. The people living in the districts contaminated by Chernobyl radionuclides
should constantly learn how to protect themselves from the radiation impact, should learn to live under conditions of radioactive contamination of the territory and to help themselves and their relatives to minimize the Chernobyl impact.

The necessity to set in place permanent radiation monitoring of people and the annual dose of 0.1 mSv serve as a starting point for undertaking radiation protection measures. Clause 12 of the Executive conclusion of the Recommendation of the European Committee for radiation risks declares: “…Total maximal permitted dose from all humancaused sources should not exceed 0.1 mSv for population and 5 mSv for personnel”. This publication is declared by the European Committee for radiation risks as “regulating”. It is only common sense that we should follow the recommendations given in this publication by the scientists from Canada, Norway, Great Britain, Denmark, Switzerland, the USA, Ireland, Sweden, Germany, France, India, Belarus, Finland and Russia.

“Our experience shows that the recovery of the children in the clean regions doubled parallell with taking Pectin: The cleaning effectiveness of the child’s body by the radionuclides.” http://life-upgrade.com/DATA/Belrad%20Report%2012.pdf ALSO: CLEAN FOOD ALL THE TIME!

Belarusian Chernobyl Children WHOLE BODY COUNTER Experience & FOOD Measurements & Radionuclides. “COMPARISON OF THE EFFICIENCY OF THE RECUPERATION OF CHILDREN OF THE CHERNOBYL DISTRICTS OF BELARUS IN THE NATIONAL SANATORIA AND ABROAD” http://www.physiciansofchernobyl.org.ua/eng/Docs/Nesterenko_and_%20all_report.pdf

Me and Mr. Babenko in Minsk:

MORE OF BELRAD: https://tekknorg.wordpress.com/2012/04/25/26-chernobyl-years-since-1986/

Jan Hemmer

Advertisements

Read Full Post »

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

ALL VIDEOS: http://www.crms-jpn.com/art/196.html

Waturu Iwata of CRMS will be at the Geneva Radiation Forum:

Saturday May 12th, 3pm, in Geneva: http://independentwho.org/en/progr-forum-radioprotection/

withd kind regards,

Jan Hemmer

 

Read Full Post »

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

translated article by http://vogelgarten.blogspot.de/p/entelchen.html

ホールボディーカウンターと言えば、ちょうど先日、日本から首都圏在住の友人が小さなお子さんを連れて遊びに来て、カールスルーエの研究所でホールボ ディーカウンター検査を受けてきました。友人母子は、原発事故後は一時西に避難、その後も九州から野菜を取り寄せるなど食事に気をつけ、お弁当をしっかり 作り続けてきた甲斐があって、セシウムは検出されませんでした。
ただちょっと気になったことがありました。カールスルーエ研究所の担当の先生が「福島事故ではプルトニウムは出ていないので、アルファ線は検査する必要な いですね」と発言したのです。ちなみにプルトニウム検査は、”24時間型尿検査”というもので行うそうなのですが… それで友人は「え? プルトニウ ムは東京などでも観測されてますけど」と答えたところ
「それは核実験の残りの可能性があります」
との返答だったのです。なんだか腑に落ちず、後日、シュトゥットガルトIPPNW所属の友人のお医者さんに話してみました。すると「福島原発事故でプルト ニウムが放出されていることは、具体的な数値も合わせて国際的にも公式発表されてます」との返事。そして「ドイツの専門家の多くは全然情報収集してないん ですよ。」と盛んに首を振っていました。
またヤン・ヘンマーさんにも同じことを報告したところ「それは… 勉強不足過ぎ」と同様のお答え。脱原発したドイツだからと言って誰でも彼でも信頼できるわけではなさそうです。
さらに、以前にこのブログでも紹介したユーリッシュ原子力研究所がれっきとした原子力推進組織であることや、1960 から1966年の間同研究所の所長だったアルフレッド・ベッチャーが、戦時中はナチスの親衛隊中佐で有罪判決さえ受けたことのある人物であることも教えて もらいました。ドイツと言えば脱原発という良いイメージばかりが広まってしまっている感がありますが、どこの国にも原子力ロビーははびこっていることを忘 れてはいけません。福島一周年に合わせてドイツのテレビ局のインタビューを受けた在独日本人友人もまた、テレビ局の環境担当者が、日本政府はヨード剤を配 布したと信じているなど、正しい情報を全然知らないことに唖然としていました。

****** 以下ヤンさんのブログ記事概訳です ******

通常の放射能測定器(ガイガーカウンター)では、子供の被曝を測定することはできません。

子供は成人よりも放射能の危険に多くさらされています。それは子供の細胞分裂が速いせいです。
汚染された食品を食べることによって放射能に傷付けられた一つ一つの子供の細胞は、次の細胞にも同じ傷を伝達します。そのために子供における被曝の潜伏期間は短く、成人よりも早く発病してしまいます。だからこそ、早めにホールボディカウンターで測定を行うことが大切です。

原発事故時に子供達を守るための基本:
ホールボディーカウンターは、人体の中にあるガンマ線を放射する放射性物質を素早くモニタリング測定し、内部被曝量の推定を可能にします。

日本政府が怠っていることを市民放射能測定所(CRMS)・BELRADが行っています。

ホールボディーカウンター検査のお勧め:
http://www.crms-jpn.com/art/168.html

市民放射能測定所
〒960-8034
福島市置賜町8-8
パセナカMisse 1F
MAIL: info@crms-jpn.com

*****

ジャパンタイムス 「日本、ホールボディカウンタ不足」の記事(英語)

*****

「福島の子供達に必要なのは、一人一人に線量計を配布することではなく、セシウム134/137を検査するために、学校などでホールボディーカウンターを 行うことです。ホールボディカウンターでは人体に蓄積したセシウム137を測定することが出来ます。20Bq/Kg を上回るセシウムが測定された場合は、ペクチン・プレパラート摂取が必要となり、また汚染食品を直ちにまったく放射能を含まない食品・飲み物に変えること が絶対必要です。」
(元WHO職員 ミシェル・フェルネックス博士の言葉 ソース

ペクチンとは?
http://belrad-institute.org/UK/doku.php?id=pectine_preparation

*****
2012年1月STC RADEK 社は、東京高輪クリニックに初のホールボディーカウンターSEG-10Pを送付しました。 これはベラルーシの研究所ベルラッド(BELRAD)で使われているものです。チェルノブイリ事故以来26年の経験を積んでいるベラルーシには現在の日本が必要としているすべての情報があります。BELRAD研究所は、原子物理学者でもありリクビダートアでもあったヴァシリー・ネストレンコ氏によって創設されました。ネストレンコ氏はアレクセイ・ヤブロコフと共にチェルノブイリ事故による死者は百万人にのぼるという結論に達した、同事故に関するもっとも大規模な研究を行った人物でもあります。

被曝についての基本
子供の被曝量は成人に比較して3~10倍多い。子供は、速いスピードで細胞分裂を行っているためにこれは深刻な状況です。放射線によって傷つけられたすべ ての細胞が、猛スピードで次の細胞に同じ傷を伝達していきます。そのために発病するまでの期間が成人に比べて短いのです(成人の潜伏期間20~25年に対 して子供はわずか1~4年)。 ヴァシリー・ネストレンコは次のように語っています。「15年前、幸いにも最初の被曝を免れた子供達が生まれてきた。しかし15年前、その子供達は放射能 に汚染された食物を食べ、大量の被曝をした。何故なら3歳の子供における被曝の影響は、成人に比べて5倍高いのだ。汚染食品はまるでイナゴのように国中に 広まった。その結果ミンスクでは700-800Bq/Kg の被曝をしている子供が見られるようになった。バンダジェフスキー教授の研究に注目していただきたい。我々は教授と一緒に研究を行った。パンダジェフス キー教授の結論によれば、子供が50Bq/Kgの被曝を受けると、腎臓や肝臓、心臓などの器官に病状が現われ始める。我が国の子供達の健康状態は緊急に措 置を取らなければ、明るい展望を望めないほど酷い状態にある。」

またネストレンコは次のように語っています。「我々は住民を全員測定した後、もっとも危機的な状況にあるグループを隔離した。つまり被曝量の最も多かった 10~15人を隔離したのだ。だいたいにおいてそのうちの8人は子供だった。その他にはトラクターの運転手、林業従事者など、それにたまに年金生活の年寄 りで森のベリーやキノコを大量に食したような人も含まれていた。それが私達の測定結果だ。我々が集めたデータは11万件にものぼる。それまで我々は新陳代 謝の盛んな子供はそれほど放射性物質を蓄積させていないだろうと考えていた。しかし繰り返し言うが、最も高い放射性物質の蓄積量を示していたのは子供達な のだ。」

そしてユーリー・バンダジェフスキーの言葉:「病院の数を増やすことによって疾病率の上昇を減らそうとしてもダメだ。不幸なことに我々は研究に多くの時間 を奪われている。何故なら何らかの対応措置を取るためには病気の原因と結果を理解する必要があるからだ。スローガンやキャンペーン を推進しているだけではダメだ。」(ソース)

*****

参考資料:
市民団体「フードウォッチ」による警告「あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限値」

*****

年間被曝許容量20ミリシーベルトとは:
年間17ミリシーベルトの被曝をすると、癌による死亡者が1万6千~3万2千増加し、遺伝子の病気による死亡者15万~150万人 増加することを意味します。ソース

日本政府の年間被曝許容量20ミリシーベルトとは合法的な殺人を意味するのです: 5ミリグレイ~50ミリグレイは白血病が5000パーセント増加する危険を意味します。

*****

市民放射能測定所への寄付のお願い

市民放射能測定所はフランス・クリラッドとドイツ・セバスチアン・プフルグバイル博士(放射線防護協会会長・元大臣)の支援を受けています。

ありがとうございます。
ヤン・ヘンマー

translation by http://vogelgarten.blogspot.de/2012/03/blog-post.html

所在地 〒961-0905 福島県白河市本町2 マイタウン白河2F
開所日 2012年1月7日 http://fukushimachildrensfund.org/sokuteisho-bekushiru.html
所在地 〒982-0231 宮城県仙台市太白区坪沼字原前15
開所日 2011年11月27日 http://ameblo.jp/foreston39/

regards,
Jan Hemmer

Read Full Post »