Feeds:
Posts
Comments

Archive for March, 2012

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

“cesium is easy to accumulate in the heart”

“50 Becquerel break your heart rhythm at 20 to 30 becquerel per kilogram of body weight” (CHILDREN!)

“if, during pregnancy, there is more than 200 becquerel per kilogram of cesium in the placenta it can lead to sudden death of the child”

バンダジェフスキー医学博士 来日に寄せて / 一般向け講演会

http://yury.bandazhevsky.org/information

http://yury.bandazhevsky.org/

Radiation Defense Project with Kouta Kinoshita – freelance journalist

Video: バンダジェフスキー博士院内講演会

interview with Prof. Bandazhevsky about Food http://blog.livedoor.jp/ygjumi/archives/67411516.html

“even 1 bq of Cesium 137 in Children kg is too much, and in Belarus 37 bq are the standard”

“Pectin can not help to get incorporated radionuclides out of the body.”

MORE: CHILDREN & Radionuclides:

Bandazhevsky: Cesium directly harms the hearts of our children: MODIFICATIONS IN CARDIAC-VASCULAR SYSTEM OF CHILDREN, LIVING IN CONTAMINATED WITH RADIOISOTOPES: http://chernobyl-today.org/images/stories/Bandajevski_2001_Radiocaesium_and_heart.pdf

we can rightly consider the Cesium-137 in relatively small doses (20-30 Bq/kg); a breach of the regulatory processes in the body: PAGE 2 – 3: http://chernobyl-today.org/images/stories/BANDAJEVSKI_UNSCEAR_-_REUTERS_Sept_22nd_2010_Eng_V2.pdf

He was able to salvage something from his work, to him we owe valuable information like this: http://www.chernobyl-today.org/index.php?option=com_content&view=article&id=55&Itemid=45&lang=en

Movie Nuclear Controversies – with Bandazhevsky: http://vimeo.com/33724891

Hope for the Children!

Jan Hemmer

Read Full Post »

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

translated article by http://vogelgarten.blogspot.de/p/entelchen.html

ホールボディーカウンターと言えば、ちょうど先日、日本から首都圏在住の友人が小さなお子さんを連れて遊びに来て、カールスルーエの研究所でホールボ ディーカウンター検査を受けてきました。友人母子は、原発事故後は一時西に避難、その後も九州から野菜を取り寄せるなど食事に気をつけ、お弁当をしっかり 作り続けてきた甲斐があって、セシウムは検出されませんでした。
ただちょっと気になったことがありました。カールスルーエ研究所の担当の先生が「福島事故ではプルトニウムは出ていないので、アルファ線は検査する必要な いですね」と発言したのです。ちなみにプルトニウム検査は、”24時間型尿検査”というもので行うそうなのですが… それで友人は「え? プルトニウ ムは東京などでも観測されてますけど」と答えたところ
「それは核実験の残りの可能性があります」
との返答だったのです。なんだか腑に落ちず、後日、シュトゥットガルトIPPNW所属の友人のお医者さんに話してみました。すると「福島原発事故でプルト ニウムが放出されていることは、具体的な数値も合わせて国際的にも公式発表されてます」との返事。そして「ドイツの専門家の多くは全然情報収集してないん ですよ。」と盛んに首を振っていました。
またヤン・ヘンマーさんにも同じことを報告したところ「それは… 勉強不足過ぎ」と同様のお答え。脱原発したドイツだからと言って誰でも彼でも信頼できるわけではなさそうです。
さらに、以前にこのブログでも紹介したユーリッシュ原子力研究所がれっきとした原子力推進組織であることや、1960 から1966年の間同研究所の所長だったアルフレッド・ベッチャーが、戦時中はナチスの親衛隊中佐で有罪判決さえ受けたことのある人物であることも教えて もらいました。ドイツと言えば脱原発という良いイメージばかりが広まってしまっている感がありますが、どこの国にも原子力ロビーははびこっていることを忘 れてはいけません。福島一周年に合わせてドイツのテレビ局のインタビューを受けた在独日本人友人もまた、テレビ局の環境担当者が、日本政府はヨード剤を配 布したと信じているなど、正しい情報を全然知らないことに唖然としていました。

****** 以下ヤンさんのブログ記事概訳です ******

通常の放射能測定器(ガイガーカウンター)では、子供の被曝を測定することはできません。

子供は成人よりも放射能の危険に多くさらされています。それは子供の細胞分裂が速いせいです。
汚染された食品を食べることによって放射能に傷付けられた一つ一つの子供の細胞は、次の細胞にも同じ傷を伝達します。そのために子供における被曝の潜伏期間は短く、成人よりも早く発病してしまいます。だからこそ、早めにホールボディカウンターで測定を行うことが大切です。

原発事故時に子供達を守るための基本:
ホールボディーカウンターは、人体の中にあるガンマ線を放射する放射性物質を素早くモニタリング測定し、内部被曝量の推定を可能にします。

日本政府が怠っていることを市民放射能測定所(CRMS)・BELRADが行っています。

ホールボディーカウンター検査のお勧め:
http://www.crms-jpn.com/art/168.html

市民放射能測定所
〒960-8034
福島市置賜町8-8
パセナカMisse 1F
MAIL: info@crms-jpn.com

*****

ジャパンタイムス 「日本、ホールボディカウンタ不足」の記事(英語)

*****

「福島の子供達に必要なのは、一人一人に線量計を配布することではなく、セシウム134/137を検査するために、学校などでホールボディーカウンターを 行うことです。ホールボディカウンターでは人体に蓄積したセシウム137を測定することが出来ます。20Bq/Kg を上回るセシウムが測定された場合は、ペクチン・プレパラート摂取が必要となり、また汚染食品を直ちにまったく放射能を含まない食品・飲み物に変えること が絶対必要です。」
(元WHO職員 ミシェル・フェルネックス博士の言葉 ソース

ペクチンとは?
http://belrad-institute.org/UK/doku.php?id=pectine_preparation

*****
2012年1月STC RADEK 社は、東京高輪クリニックに初のホールボディーカウンターSEG-10Pを送付しました。 これはベラルーシの研究所ベルラッド(BELRAD)で使われているものです。チェルノブイリ事故以来26年の経験を積んでいるベラルーシには現在の日本が必要としているすべての情報があります。BELRAD研究所は、原子物理学者でもありリクビダートアでもあったヴァシリー・ネストレンコ氏によって創設されました。ネストレンコ氏はアレクセイ・ヤブロコフと共にチェルノブイリ事故による死者は百万人にのぼるという結論に達した、同事故に関するもっとも大規模な研究を行った人物でもあります。

被曝についての基本
子供の被曝量は成人に比較して3~10倍多い。子供は、速いスピードで細胞分裂を行っているためにこれは深刻な状況です。放射線によって傷つけられたすべ ての細胞が、猛スピードで次の細胞に同じ傷を伝達していきます。そのために発病するまでの期間が成人に比べて短いのです(成人の潜伏期間20~25年に対 して子供はわずか1~4年)。 ヴァシリー・ネストレンコは次のように語っています。「15年前、幸いにも最初の被曝を免れた子供達が生まれてきた。しかし15年前、その子供達は放射能 に汚染された食物を食べ、大量の被曝をした。何故なら3歳の子供における被曝の影響は、成人に比べて5倍高いのだ。汚染食品はまるでイナゴのように国中に 広まった。その結果ミンスクでは700-800Bq/Kg の被曝をしている子供が見られるようになった。バンダジェフスキー教授の研究に注目していただきたい。我々は教授と一緒に研究を行った。パンダジェフス キー教授の結論によれば、子供が50Bq/Kgの被曝を受けると、腎臓や肝臓、心臓などの器官に病状が現われ始める。我が国の子供達の健康状態は緊急に措 置を取らなければ、明るい展望を望めないほど酷い状態にある。」

またネストレンコは次のように語っています。「我々は住民を全員測定した後、もっとも危機的な状況にあるグループを隔離した。つまり被曝量の最も多かった 10~15人を隔離したのだ。だいたいにおいてそのうちの8人は子供だった。その他にはトラクターの運転手、林業従事者など、それにたまに年金生活の年寄 りで森のベリーやキノコを大量に食したような人も含まれていた。それが私達の測定結果だ。我々が集めたデータは11万件にものぼる。それまで我々は新陳代 謝の盛んな子供はそれほど放射性物質を蓄積させていないだろうと考えていた。しかし繰り返し言うが、最も高い放射性物質の蓄積量を示していたのは子供達な のだ。」

そしてユーリー・バンダジェフスキーの言葉:「病院の数を増やすことによって疾病率の上昇を減らそうとしてもダメだ。不幸なことに我々は研究に多くの時間 を奪われている。何故なら何らかの対応措置を取るためには病気の原因と結果を理解する必要があるからだ。スローガンやキャンペーン を推進しているだけではダメだ。」(ソース)

*****

参考資料:
市民団体「フードウォッチ」による警告「あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限値」

*****

年間被曝許容量20ミリシーベルトとは:
年間17ミリシーベルトの被曝をすると、癌による死亡者が1万6千~3万2千増加し、遺伝子の病気による死亡者15万~150万人 増加することを意味します。ソース

日本政府の年間被曝許容量20ミリシーベルトとは合法的な殺人を意味するのです: 5ミリグレイ~50ミリグレイは白血病が5000パーセント増加する危険を意味します。

*****

市民放射能測定所への寄付のお願い

市民放射能測定所はフランス・クリラッドとドイツ・セバスチアン・プフルグバイル博士(放射線防護協会会長・元大臣)の支援を受けています。

ありがとうございます。
ヤン・ヘンマー

translation by http://vogelgarten.blogspot.de/2012/03/blog-post.html

所在地 〒961-0905 福島県白河市本町2 マイタウン白河2F
開所日 2012年1月7日 http://fukushimachildrensfund.org/sokuteisho-bekushiru.html
所在地 〒982-0231 宮城県仙台市太白区坪沼字原前15
開所日 2011年11月27日 http://ameblo.jp/foreston39/

regards,
Jan Hemmer

Read Full Post »

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

starts at the reactor:

More: https://tekknorg.wordpress.com/2012/03/10/radiobiology-for-everyone-the-architecture-of-peaceful-murder/

Jan Hemmer

Read Full Post »

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

 

Plutonium 241 (147 years decay time) decays into Americium 241 (4,000 years decay time) decays into Neptunium 237 (22,000,000 years decay time)…

Nuclear reactors are more effective than nuclear bombs. They hide their nature through the production of steam. 26 years ago, when Chernobyl released it’s inventory (95% or more), the meaning of nuclear war was changed, at least for us. Some groups knew it all the time, probably the ones who worked out eugenics. But we thought in conventional terms. A single reactor explosion is a nuclear war in terms of radionuclides.

This is Chernobyl compared to the 2,000 atomic bomb tests – according to CTBTO:

CTBTO Chernobyl

2013 EDIT: Strontioum 90 3km offshore Fukushima: http://fukushima-diary.com/2013/08/strontium-90-detected-in-seawater-3km-offshore-fukushima/

The bomb is gone. The reactor stays. And it is designed, “to walk into it’s doom”:

This is only the radiation shock. But it is stretched in time. Programmed into DNA. Ignored by IAEA, WHO, UNSCEAR, BEIR, ICRP: http://independentwho.org/fr/

And there are no crater.

Only holes.

In Children’s hearts.

http://www.bellona.org/english_import_area/international/russia/envirorights/info_access/29685

Fukushima’s focus is on soil AND sea.

The place where we came from.

Turritopsis nutricula is a immortal jellyfish http://www.sciencepub.net/nature/ns0802/03_1279_hongbao_turritopsis_ns0802_15_20.pdf

Total release of Fukushima reactor One: 40,000 trilltion becquerel – 70% went into sea: http://ajw.asahi.com/article/0311disaster/fukushima/AJ201202290025

https://tekknorg.wordpress.com/2012/02/29/fukushima-rector-1-21000-times-chernobyl/

EDIT 2013: 47 quadrillion becquerels of cesium-137 released into Pacific from Fukushima — Nearly 50 times original Tepco estimate: http://www.biogeosciences-discuss.net/10/4127/2013/bgd-10-4127-2013.html

Plankton takes in 200,000th of a radioactive substance: http://life-upgrade.com/DATA/FUKUSHIMA-SEA-BECQUEREL.jpg

“If the cesium in the fresh water happens to be radioactive cesium-137, from a nuclear reactor or other source, then the fish will contain 1000 times more cesium-137 than the fresh water itself, on a weight-for-weight basis.” Source: http://www.ratical.org/radiation/CNR/PP/chp2.html

Cesium 137 activity is 200,000 times higher back waters (!) than before Chernobyl:

Marine Plankton as an Indicator of Low-Level Radionuclide Contamination in the Southern Ocean: http://www.osti.gov/bridge/servlets/purl/6802363-hfGOhq/6802363.pdf

Radioecological Studies on the Plankton of the Cooling Water Reservoir of the Beloyarsk Nuclear Power Plant: http://www.springerlink.com/content/q220n14kl169g207/

POLIKARPOV, G. G. 1966. RADIOECOLOGY of AQUATIC organisms. 281 (PDF page) or respectively on “printed” 292: http://www.osti.gov/bridge/purl.cover.jsp?purl=/5557734-tlwxvK/

Acantharia (Plankton) has a Strontium Skeleton: http://tolweb.org/Acantharia/2385 takes in Radio-Strontium – just as us.

Strontium 90 remains in surface and remobilisation of adsorbed Strontium: http://leeds.academia.edu/IBurke/Papers/1664859/Effect_of_groundwater_pH_and_ionic_strength_on_strontium_sorption_in_aquifer_sediments_Implications_for_90Sr_mobility_at_contaminated_nuclear_sites

Isotopes in Sea Life: http://books.google.de/books?id=4n3wAAAAMAAJ&pg=PA165#v=onepage&q&f=false

Radiation influenced the evolution. 1 mSv per year. If we only increase it by 0.1 mSv, it influences the evolution. The nuclear reactor holocaust is leading the Atomic Darwinismhttps://tekknorg.wordpress.com/2011/10/01/the-atomic-darwinism/

Background radiation is also the primary reason why women aged over ~40 are advised not to have children. This is because their stocks of ova have been exposed since birth to 40 or so years’ background radiation and have thereby been damaged to such an extent that an unacceptable proportion, when fertilised, results in congenital malformations, spontaneous abortions or stillbirths. Many scientists also consider that background radiation is the prime factor in the ageing process, and is ultimately the reason why we are not immortal.” PAGE 5 http://www.odwac.gov.on.ca/standards_review/tritium/Tritium_Radiation_Risks_Additional_Note_for_ODWAC_Fairlie.pdf

One natural radionuclide and man made radionclide, for example,  is Tritium, which mimics a substance of life: Hydrogen. It replaces Hydrogen in the body and causes Cancer – after 25 Generations: http://books.google.de/books?hl=de&id=3gUAAAAAMBAJ&q=mice#v=snippet&q=mice&f=false One generation of humans: 25 – 30 years. It takes 30 years for Chernobyl to reach it’s full impact: Kofi Annan: “Not until 2016, at the earliest, will be known the full number of those likely to develop serious medical conditions” because of delayed reactions to radiation exposure, he said: http://www.ratical.org/radiation/Chernobyl/042500.html

Until now, the average  life expectancy was on the rise. But this will be sought from Accelerated Aging. It comes from the increased annual dose.

We get in a year from as much as in 10 years. 10 milli Sievert, for example, 20 in Japan and Belarus. Radiation through food is not included. Food makes 70 – 90% of the radiation – ignored by IAEA, WHO, ICRP, BEIR, UNSCEAR.

Accelerated Aging as a Consequence of the Chernobyl Catastrophe – page 76: http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf

The hope is now: Measurement of food, clean food, measurement of children with Whole Body Counters: https://tekknorg.wordpress.com/2012/03/02/mother-how-much-radiation-%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%81%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%84%e3%81%ae%e6%94%be%e5%b0%84%e7%b7%9a%ef%bc%9f-2/

“The dangerous thing about the water contamination is that the food chains are much longer there than on land. Among the many steps in the water to accumulate more and more radioactive substances in the organisms. This means that contamination in fish at the end of the food chain is much higher than the water in which they swim” / Radiophobia: “government calls the fears of the people “radiation phobia” = unfounded anxiety before radioactivity. Everyone should just be pretty happy, then they would not get sick. Only sad people would get radiation sickness.” / “The special radiation sensitivity of children is yet not considered.” / “the snow melt began in the mountains. “In the forested mountains the radioactive clouds are stuck, which now come in small streams running down again and causes the rivers to be charged more radioactive” … http://www.n-tv.de/politik/Fukushima-ist-nicht-ueberstanden-article5731966.html

For a clean future! For the Children!

Jan Hemmer

Read Full Post »

妊娠中の日本人女性の避難すぐ

- Radionuclides

- produced by every reactor – released by every reactor chminey

- collected by every soil – collected by every food – eaten by every animal and human

- collected in every organism, every organ, fetus – collecting, collecting, collecting,

with every gram of food.

WE ALL EAT.

It’s not air, it’s not natural radiation. It’s in food (70 – 90 %)

Short half lifes have no meaning.

Permanent radionuclide supplies in small quantities, summing up over years and decades. In our children.

Latency. Full effect in each generation. During each generation, at least one radiation shock (Chernobyl, Fukushima).

Thus, new generations always have lower tolerance for radiation and simple infections, disease, they become more mortal. The purpose of procreation to produce healthier offspring disappears.

Soon, the tolerance is so low that the normal natural radiation is sufficient enough to destroy more and more of the generations.

>> Tritium mimics hydrogen (body cells) – natural tritium increased by reactor tritium millions of times.

>> Radio-Cesium mimics potassium (heart) – radionuclide did not exist before atomic age.

>> Radio-Strontium mimics calcium (bones) – radionuclide did not exist before atomic age.

>> Radio-Iodine mimics Iodine (thyroid gland -> brain of fetus) – radionuclide did not exist before atomic age.

Working for the destruction of mankind: IAEA, UNSCEAR, WHO, BEIR, NRC, ICRP, health ministries, reactor operators, regulatory authorities, with or without knowledge.

Now you are with.

Jan Hemmer

More: https://tekknorg.wordpress.com/2012/02/18/every-year-twice-chernobyl/ and: https://tekknorg.wordpress.com/2012/03/02/mother-how-much-radiation-%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%81%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%EF%BC%9F-2/

Read Full Post »

Older Posts »

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 71 other followers